立派なスズキ(シーバス)を使って、炙り、カルパッチョ、ムニエル、皮の湯引きを作る!!

みなさんこんにちは!

今週末は天気が崩れそう…

釣りに行けないかもなんでテンション下がっているhideです。

最近はルアー釣りばっかりなんで、たまにはエサ釣りもしたくなってきますよね〜

あともう少しすればカワハギのシーズンかな?

その前にアジも食べたいなぁ〜

サビキ釣りもやっておくかな。笑

さて、今回はスズキ(シーバス)料理です!

何を作るかな〜と考えた結果…

前回釣った立派なサイズのスズキ(シーバス)を使って、炙り、カルパッチョ、ムニエル、皮の湯引きを作る!!

たまにはオシャレな料理を作りたい。笑

そして、前回釣ったスズキ(シーバス)がコチラ!

立派なスズキ74cm

こうやって見るとランカーサイズではないものの、よく太っていて大きいですね!

釣果はこのスズキが一本だけでしたが、大きさ的に全ての料理に使えそうです!

という事で、料理開始!!

早速炙り用のサクとカルパッチョ用のサクを作って行きます!

頭と内臓を取り出し、少し熟成をさせてました。

これを3枚におろして、カルパッチョ用は皮を引いてそぎ切りをします。

炙りは皮つきのサクを作っときましょう!

カルパッチョはそぎ切りした身を並べて、具材のフルーツトマトとサニーレタスで盛りつければ…

スズキのカルパッチョ!

簡単ですね!

あとは、カルパッチョ用にオリーブオイルでドレッシングを作ってかければいいんですが、ぶっちゃけ市販の好きなドレッシングをかければオッケーです。笑

合う合わないは個人差があるので、美味しく食べれればオッケー!笑

という事なので写真はドレッシングをかける前にとりました。

あと、カルパッチョを作る時に身から引いた皮はサッと湯引きをして、ポン酢とカボスをちょっとずつ入れれば皮ポン酢で美味しく頂けますよ〜!

スズキの皮湯引きポン酢!

次はスズキの炙り刺し!!

炙り刺しも簡単です!

皮付きのサクを作って身を炙り、平作で切れば完成!!

スズキの炙り刺し!

ちょっと炙りが少なかったかな…笑

炙りは腹身の部分を使うと脂が乗っていて美味しいですよ〜!

あとは、スズキのムニエル!!

さっきの炙り刺しと同じ要領で身のサクを作ります。

その切り身に塩コショウで下味をつけて、そのあとに小麦粉を全体的に軽くまぶしておく。

今回、使う具材はスズキ切り身とシメジを使います。

自分はシメジですが、ムニエルに合いそうな具材ならなんでもオッケー!

そこはお好みで!笑

あとは、フライパンにバターをひいて(バターは気持ち多めくらいの方がいいと思います)先ほどのスズキの切り身を皮目からこんがり、パリパリになるまで焼きます!

皮目が焼けたら切り身をひっくり返して、そのタイミングでシメジを投入。

また少し塩コショウをふって火が通れば完成ですね!

スズキのムニエル!

釣ったスズキの料理4種の完成!!

今回の料理は4種類作りましたが、どの料理も簡単で魚を捌ければ作れると思います。

もし捌けなくても、魚の切り身を買えば作れますね!

そして、今回の料理は友人宅でお酒を飲みながら友人と美味しく頂きました。笑

特に1番人気だったのはスズキのムニエルでしたね〜

その次に炙りが好評でした!

ムニエル好評だったんで次は違う魚でも作ってみようかな!?

それでは、

ご清覧ありがとうございました!