釣ったカワハギとサゴシを使って、釣り飯を作る!

みなさんこんにちは!

12月になり寒くなるかと思えば、今日は暖かかったなぁ〜

雨じゃなければもっと良かったんですけどね!今週は天気が悪そうです…

仕事中だけでも雨上がってくれないかな。笑

さて今回は、前回釣れた魚を使って料理をつくります!

それでは…

前回の釣果、カワハギとサゴシを使って、カワハギとサゴシの刺身、サゴシの皮ポンズ、アラ出汁ぶっかけご飯を作る!

前回の釣果がコチラ!!

という事でさっそく作っていきます。

まずは刺身から!

カワハギの捌き方、刺身の作り方はこちらを見てみてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カワハギは名前の通り、皮を剥いで食べるだけ!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もちろん、カワハギのキモは後で使うので取っておきます!

サゴシは三枚におろし、皮を引いて半身は西京焼き用に残しておいて、

今回使うのはもう片方の三枚におろしの半身で刺身をつくります!

サゴシの捌き方は写真を撮るのを忘れていたので、カワハギの刺身とサゴシの刺身は最後に完成写真で!笑

次はサゴシの皮ポンを作る!

三枚におろして、刺身用に皮引きした皮は熱湯にサッと湯通しして、細かく切ってポン酢をぶっかけるだけです。笑

熱湯で湯通しする事で、臭みが和らぐので、サゴシの皮でも美味しいですよ!!

少し寝かせておくと、味が染みます。

最後はサゴシ、カワハギのアラ出汁ぶっかけご飯!

ネーミングセンスがないのはご了承ください。笑

ですが、これは美味しいですよ!!

まず、三枚におろした後のカワハギとサゴシのアラや骨の部分を80℃前後のお湯をかけて、ヌメリや臭みを取ります。

次に冷水等でアラを冷ましたら、アラの部分の血合いや鱗、その他汚れを取り除く。

次に、水3:酒1の分量にアラ等を入れて、弱火でコトコトじっくりと火をつける。

サゴシかカワハギかわかりませんが、脂が乗ってますね!

10分ほど火を通しアクをとったら少し、調味料で味を整えます。

今回、自分が入れた調味料は、

  • 塩少々
  • 醤油ほんの少し
  • ほんだし少量

これだけです!

あんまり濃くしてもアラの風味が消えそうなので今回は、あっさり薄味で!

あとはあったかいご飯の上に、カワハギのキモ醤油をペースト状にしたものを乗っけて、あら汁をぶっかける!笑

気分的に海苔も入れて見ました!笑

うん、見た目が悪い!

まぁ、食べるのは自分だけやけいっか!笑

という事で今回の料理ははこれで終了。

サゴシの西京焼きは後日また描きたいと思います!

という事で…

今回はサゴシとカワハギの刺身、サゴシの皮ポンズ、あら汁のぶっかけ丼をつくってみたので食べてみます!

完成写真がコチラ!

サゴシの刺身

カワハギの刺身

アラ汁ご飯

割とうまくいったかな?笑

カワハギの刺身は捌き過ぎて上手くなりました!笑

刺身は…カワハギはやっぱり美味しいですね!

サゴシの刺身も、血抜きと内臓処理をキチンとしてたんで、全く臭くなく美味しかった!

皮ポンはあっさりしているし、アラ出汁ご飯は風味がしっかりあってカワハギのキモを崩しながら食べると絶品でした!

以上、食レポです。笑

という事で、今回の釣った魚で料理!でした!

釣った魚は美味しく食べないとですね!

なるべく美味しく、無駄なく作れるよう頑張って作ってますので、少しでも何かの参考になれば幸いです!

皆さんも作ってみては!?

それでは、

ご清覧ありがとうございました!