貰ったマゴチを使って料理!マゴチの刺身、肝と白子の煮付け、皮の湯引きを作る!

みなさんこんにちは!

8月末というのに梅雨みたいな天気が続いてますね〜

「線状降水帯」という現象みたいで、天気予報をみてもずっと雨マーク…

佐賀県や福岡県ではかなりの被害が出ているみたいだし、去年の災害を思い出させる雨ですね。

北九州もずっと雨が降っていますが、今のところ大きな被害は出てないようです!

だけど、このまま雨が降り続けるとさすがに何かしら被害が出そうだし、気をつけるに越した事はないかもですね!

さて、今回はタイトルに書いてある通り自分が釣った魚ではなく、知人の方からマゴチを頂きました!

本来は釣った魚の事を書くんですが、せっかく立派なマゴチを頂いたんで書いていこうと思います。

それでは…

貰った立派なマゴチを使って魚料理!マゴチの刺身と肝と白子の煮付け、皮の湯引きを作って食べる!!

ちなみに、マゴチって夏が旬なんですよね!

その見た目はかなり怖い感じですが、高級魚として扱われているし、釣り人からも人気の魚で狙って釣りに行く人もいるくらいです。

まさかそんな魚を頂けるとは思わなかった!笑

そして、頂いたマゴチがコチラ!!

立派なマゴチ‼︎

3匹も貰いました。

しかも、サイズが…良型すぎる!笑

ちょっと測ってみると…

2匹デカイのがいて、それが60cmとちょっと。

もう1匹が45cm前後でした。

しかも、かなり新鮮だし普通に買ったらかなりの金額になるんじゃ…

とか思いつつ、ありがたく調理させてもらいます!笑

とは言っても、実はマゴチはさばいた事がなくて今回が初めてなんですよね〜

さすがに勘だけで捌ける魚じゃないので、少し調べてさばき方を頭に入れておきます。

さばく所を教えれるほど経験が無いので、今回はさばき終わった後の写真を!

三枚下ろし!

魚の形が特殊なので、おろす前にヒレや棘はキッチンバサミで切っておくと切りやすいです!

今回自分は頭を先に落としてから3枚におろしました!

んでもって、内臓を見てみると…

肝と白子!!

やっぱり入ってた!!

もちろん美味しいみたいなのでいただきます!

とりあえず刺身から作る!

マゴチの刺身は薄造りが良いみたいなので、先程の切り身を皮引きして薄造りにします!

あとマゴチの腹骨は包丁ですくのが難しいので、腹骨の部分は切り落として煮付けやアラ汁などに使うのもオススメですね。

今回は自分も腹骨の部分は切り落として薄造りを作りました!

マゴチの薄造り!

これは…薄造りなのか…!?

本当はフグのテッサみたいに作りたいんですが、まだまだ自分の料理の腕じゃコレが限界でした。笑

ともあれ刺身は終了!

次は肝と白子の煮付け!

煮付けに関しては味付けはいつも通りで!

あまり煮込まずに少し強火で短時間だけ煮詰めて作りました。

マゴチの肝と白子の煮付け!

こっちも美味そう!

マゴチの肝と白子は初めてなので楽しみですね〜

あとは、マゴチの皮の湯引き

この料理はいつも作ってるんで簡単ですね!

刺身用に皮引きした皮を熱湯にくぐらせ、冷水で締めれば完成の簡単な料理です。

マゴチの皮の湯引き!

ポン酢やカボスを絞って浸けておくとより美味しいですよ〜

コレで3品完成ですね!

マゴチの薄造り、肝と白子の煮付け、皮の湯引きを作ってみた!早速食べてみる!

いつも作る料理なんですが、マゴチをさばくのも初めてだし、食べるのもほぼほぼ初めて。

薄造りは…

思ったより歯ごたえがしっかりしていて、臭みもなくて美味しい!

味もしっかりあって、飽きがこないくらい美味しかった!!

肝と白子の煮付けは…

こちらも美味。

魚の肝の中では濃厚な部類な気がしますね!

煮付けの味付けをそれほど濃ゆくしない方がいいかも。

それくらい肝と白子自体が美味しいです!

皮の湯引きは…

食べて気づいたんですが、皮がめっちゃしっかりしてるんですよね!

硬すぎず適度な歯ごたえがあって、色んな魚の湯引きの中でも皮の存在感が強い気がします。

珍味として、酒の肴にはかなり合う!笑

以上。食レポでした。笑

今回は釣った魚ではなかったですが、立派なマゴチを貰って初めてさばけたし、また1つさばき方の勉強になれてよかった!

あの量のマゴチなんで、まだまだ切り身もアラも残ってるで次の料理に使いたいと思います。

マゴチも立派な高級魚、食べれて良かった〜笑

それでは、

ご清覧ありがとうございました!