前回釣ったカワハギを使った絶品料理を作る!

みなさんこんにちは!

また、ブログサボりグセが出てきているhideです。笑

書こうとは思ってるんですよ…笑

さて、今日は前回釣ったカワハギで料理を作りました。

これが前回の釣果です!

いっぱい食べれる!笑

さて、このカワハギを使って何を作るか考えた結果…

今回作るカワハギ料理は、刺身(キモ醤油)と煮付けと薄皮の湯引きです!

まぁ、いつも刺身と煮付けなんですけどね。笑

今回は薄皮も、もったいないので料理したいと思います!

食べれる所は極力全て食べる!

刺身と煮付けの料理方とさばき方は、前の記事で書いたのでそちらを見てみてください!

カワハギのさばき方や、料理方はこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カワハギは名前の通り、皮を剥いで食べるだけ!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

あっ!今回カワハギを刺身にする時、前回と違うやり方でもやってみたのでそちらも書いておきます。

どう違うのかというと、

カワハギの皮を剥いでも身にはまだ薄皮が残っていますよね!

その薄皮を剥ぐのが難しく、自分は苦手なので何かいい方法はないかと考えた結果…

カワハギの皮を剝がずに、そのまま3枚におろしてさばく方法を知りました!

普通カワハギの下処理は皮を剥ぐのがもちろん一般的です。

でも刺身にするなら薄皮も本皮も一緒に皮引きすればいいじゃないか!

要は、本皮を剥いでしまうと薄皮の皮引きがしにくい。

なら、本皮がある時に皮引きしたら薄皮も一緒に皮引き出来る!って感じですね。笑

んで、やってみました!

とりあえず頭を落として、他の魚と同様に3枚におろしてみる。

うまくいったかな!?

本来なら、この時点まで行った時は本皮が無くて薄皮が残ってる状態です。

しかしこの方法だと本皮を残してるので、それで皮引きがしやすくなるかどうか…

早速やってみました!

綺麗に取れた気がする!

本皮と薄皮が綺麗に身から皮引き出来ました!

個人的な感想は…

刺身にするならこのさばき方は、けっこうアリだと思います!

ただ、薄皮がもったいないっていう点と、

煮付けなどにする場合は、薄皮は気にならないので皮を剥ぐだけで楽なので本来のやり方で十分とおもいます。

だけど刺身にするなら薄皮は取った方が美味しい!しかし薄皮を剥ぐのは難しい…って方は一度やってみてください!

魚をさばくのに慣れてない方は、難しい方法でやるよりはこちらの方が身にロスが出ないと思います!

自分は料理の腕を上げたいので、今回のやり方と前回のやり方を交互にして、練習を兼ねて2つのパターンでさばきました!

そして刺身にした後、キモ醤油も作って出来上がり!

カワハギの刺身はメスの方がいいと聞いていたので、今回はメスを使って刺身を作りました!

相変わらず、もう美味しそう…笑

あとは、煮付けの方は…

例のごとく、残ったと頭とアバラ等の身を煮付けていきます。

そして今回、ちょっと作ってみたいと思った料理があります。

それは…

カワハギの薄皮の湯引き!

刺身も十分お酒の肴になりますが、どうせならもう一品ほしい。

そこで調べてみたら、簡単で美味そうなの料理を見つけました!笑

作り方は、刺身を作った時に残った薄皮を湯引きするだけ!笑

刺身を取った薄皮がこれ!

自分の場合、これも煮付けに入れるんですが…

今回はこれを細かく切って湯引きします。

んで、ポン酢とカボスを少し混ぜたら完成!

美味しそう!

簡単だけど、これで一品増えるんで是非作ってみてください!

以上で料理終了です。

今回作った、刺身(キモ醤油)と煮付けと湯引きを食べてみる。

自分の友達が食べたいと言っていたので、酒と料理を持って友達宅へ!笑

煮付けの写真は撮り忘れました…が、しっかり味がついてて友達も喜んでくれました!

湯引きも肉質がしっかりしていてこれまた美味!

薬味で紅葉おろしをいれたら、フグと比べてもほんとに分からないくらい美味しかった!

刺身も大満足で一瞬でなくなりました…笑

メスの方で刺身を作ったんですが、オスと比べて、肉質のプリプリ感と甘味が一段と強い気がします。

カワハギの刺身はできる限り薄くした方がいい!

という事が納得できました!

かなり薄くしても、食感と甘味は抜群!

刺身にするなら、是非メスでやってみてください。

以上、ほろ酔いになりながらの食レポです。笑

実は全部のカワハギん使い切れなくて、あと2匹だけ保存してるんですよね!笑

なにを作ろうかな?

料理を調べて刺身と煮付け以外を作ってみたい!笑

それでは、長くなりましたが

ご清覧ありがとうございました!