釣った魚、アコウ(キジハタ)とカワハギの刺身食べ比べ!(アコウの皮湯引き付き)

みなさんこんにちは!

今週の週末は三連休ということで、週初めでも多少元気が湧いてきますね。笑

まぁ、三連休は自身の用事と釣り三昧で全然休めないと思いますが…笑

さて、久しぶりに釣りの投稿です。

そして、タイトル通り今回は釣った魚で料理編です!

それでは…

釣った魚、アコウ(キジハタ)とカワハギの刺身を作って食べ比べてみる。(アコウの皮の湯引き付き)

前回釣った魚達はコチラですね。

煮付けも考えましたが、新鮮なアコウが釣れたので、今回は刺身にする事に!

カワハギも2匹だけなんで、一緒に刺しみにします!

それでは、調理開始!!

アコウはいつも通りに三枚おろし、そして皮引きをおこなって刺身にします。

その時に、皮引きに出た皮は熱湯にサッとくぐらせて、冷水に!

水気を拭き取り、細かく切ったら、ポン酢に浸して少し寝かせておきます。

これがまた美味なんです!!

完全にお酒のアテですけどね!笑

個人的にはこういう珍味は好きなので、皮を引いても捨てずに料理してあげましょう!

ちなみに三枚におろしたカワハギとアコウのアラもあら炊きやダシをとって、お吸い物、味噌汁と料理できるので自分は冷凍保存してますよ!

カワハギも三枚におろして、刺身にします。

カワハギは薄皮の取り方が難しいという方もいると思います。

自分はカワハギの場合、2種類の下ろし方で刺身を取ったりしてますので、ご参考にされたい方はコチラをご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カワハギは名前の通り、皮を剥いで食べるだけ!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

という事で、カワハギの刺身の行程は省略します!笑

そして、三枚に下ろして、刺身にした2種類がコチラ↓↓↓↓↓

向かって右半分がアコウの刺身!

向かって左半分がカワハギの刺身です!

それでは早速、食べ比べ!実食!


カワハギの肝も入っていたので、キモ醤油でいただきます。

珍味の皮の湯引きポン酢はお酒にバッチリ!笑

ポン酢とカボスを少し絞ってもサッパリして良いと思います。

刺身の食べ比べは…

どちらも甲乙付けがたいですね…

アコウは、刺身の脂のノリ、甘み、身の歯ごたえがプリプリでめちゃくちゃ美味しいし。

カワハギは刺身とは思えない歯ごたえ!

噛むほどに旨味が溢れ出して、キモ醤油の程よい甘味と相性バツグン!

コチラはコチラの刺身でめちゃくちゃ美味しい!

結果、どちらも美味しいという事になりました。笑

以上食レポです!笑

今回は刺身となりましたが、やはり刺身は美味しいですね!

釣った人の特権というか、新鮮で美味しい魚を釣って、食べるという事がこんなに贅沢と改めて実感しました。笑

他の料理にしても、もちろん美味しいとは思いますが、刺身もオススメですよ!

釣った魚達は美味しく残さず食べる!

この考えで釣りをしている自分ですが、料理方、捌き方など様々ですが、この記事が少しでも役に立てたら幸いです。

それでは、

ご清覧ありがとうございました!